カウンセリングとは?

 身体の病気を治すには、医師の診断を受け、その処方–投薬や手術など–を患者が実行することによって行われます。しかし心の不調や病に対処しようとするカウンセリングでは、あなたが自分の中に潜在する「自己治癒力」を引き出せるよう、カウンセラーはあなたの傍に寄り添い援助するのです。つまり、カウンセラーは医師のように処方箋は出しません。と言うより簡単に出せないのです。従ってここでの主役は来談されるあなた自身だということになります。身体の病気も実は医者が治すのではなく、医者は患者さんに備わる「自然治癒力」に頼っているものなのですが。

 そのためにカウンセラーは、先ずあなたからお話をしっかり聴かせていただくことになります。そしてその途中で反論したり、説教じみたことは言わずに、あなたの辛い体験を共感して受けとめることに努めます。私たちは誰かに自分の話を、横槍を入れたりせずに「うん、うん」と頷きながら真剣に聴いて欲しいものではないでしょうか。

 しかし私たちはそのように真剣にお聴きする際に、ただ黙って一方的にお聴きするだけでなく、よく分からない点はお尋ねしたり、時には感想――上から見下ろす専門家めいた解釈ではなく――も交えて、あなたがご自分の問題をより明確に整理できるようにお手伝いしたいと思っています。問題の明確化こそが問題解決の第一歩だと思うからです。いやひょっとすると、それが殆ど全てかもしれません。後はあなたご自身で解決策を見出していかれるのを少しお手伝いするだけでしょう。第三者が横から思いつきで提案するような方法は、当事者であるあなたご自身が既に試みられていられることがほとんどなのですから。

 それならカウンセラーなんか要らないではないかと仰るかも知れません。しかし一人きりでもがくよりも傍に付き添って一緒に考えてくれる仲間――この場合はカウンセラー――がいてくれる方が、前に進める方法が見つかり易いことは間違いないのです。

 身体の病気を治す医者のやり方とはかなり違う心理相談のこのようなやり方は「来談者中心療法」と呼ばれています。催眠療法などの指示的療法は別として、普通どのカウンセリング・ル-ムでも、基本的にはこのやり方が行われていますが、実際はこれだけではなく、状況に応じて他のやり方――たとえば、精神分析や、夢・箱庭・コラージュ・描画などのイメージを援用するユング心理学的療法や、また認知行動療法、自律訓練法なども、適宜取り入れたいわゆる「折衷的」なカウンセリングが行われていることは、ご存じの方も多いと思います。これらは、自分の問題点に気付くためのものであるだけでなく、更にはそれを改善していくための方法を含むものなのです。カウンセラー側が「共感」一本槍ではなく、相当積極的に介入してお手伝いするやり方です。

 この点は、当相談室でも同様です。ただ、当ルームの所長がユング派のイメージ療法を専門とする臨床心理士であるだけに、イメージ表現を用いた療法には特に力を入れています。イメージは心の内面を表現する上で言語以上に深い表現を可能にすることで、心の根本的な変化につながることが多いからです。

 心の問題の治療において、手っ取り早く短期に治すことを謳ったやりかた――催眠療法などはその最たるものですが――に人気が集まりやすいのは十分理解できます。しかし心の問題は、その根が浅くて問題は発生から日が浅い場合は、短期解決も可能であることは当然なのですが、問題の根が深くて遠い過去にまで遡る場合には、それなりの時間がかかるものなのです。「急いては事を仕損じる」とは、心の問題を考えるとき、決して忘れてはならないことのように思います。

 薬物による症状の改善も心理療法においては欠かすことは出来ません――特にうつ病や精神病レベルの疾患において――が、心の問題は薬だけで解決できないことも事実です。薬物とカウンセリングの適切な併用が必要となります。

 そしてこの併用ということについては、うつ病のように薬の処方とカウンセリングが別の場でなされても構わない場合と、統合失調症の場合のように、薬の処方を含む入院治療とカウンセリングが同じ場でなされることが好ましい場合とがあるように思います。

 何故なら、統合失調症の場合は、訴えを受容的に聴くことによって、患者さんが抑圧することで辛うじて身を守っていた苦痛――統合失調症の人は普通病識がないのが普通です――が、意識下されることによって、症状が顕在化してしまい、危機的状況におちいることがあるからです。そのような時に、ここ単独では対処できません。精神科病院の医学的対応が必要です。だからこの相談室のようなカウンセリングだけを行っているような所では、お引き受けできない重症ケースもあることを忘れてはならないのです。

箱庭療法の作品例

 

箱庭療法イメージ箱庭療法イメージ

コラージュ療法の作品例

 

コラージュ療法イメージコラージュ療法イメージ

Copyright(c) Mental Care Tennoji All Rights Reserved.